スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩竈市 被災地支援レポート(1)

現在、東日本大震災の被災地支援レポートをまとめています。
後から見返したときに細かいことまで思い出せるように、
また読んでくださった方に雰囲気が伝わりやすいように、なるべく詳細に書いています。

長くなりますので、数回に分けて投稿していきたいと思います。

塩竃市 被災地支援レポート(1)

<期間>
平成23年4月29日~5月2日。うち支援は4月30日・5月1日の二日間行いました。

<経緯>
リリムジカが音楽療法を行っているグループホーム虹の家さんより
「被災地支援に行くので柴田さんも行かないか」と声をかけていただきました。

以前、ホーム長の中村様に「なんらかの形で被災地支援を行いたいと考えている」と
お伝えしていたのを覚えてくださっていたのでした。

グループホーム虹の家を運営する西都保健生協は、全国民医連に加盟しています。
今回は民医連の行う緊急医療支援に参画することとなりました。
西都保健生協からは、私を入れて6名の参加でした。

現地で、どこに配属になりどのような支援を行うかはその場で決まるとのことでした。
音楽が必要となった時に対応できるよう、キーボードに乾電池をつめ、
歌集と共に持っていくことにしました。

また支援直前にクエスト総合研究所の方と知り合う機会があり、
お手玉プロジェクトの存在を知りました。

▼クエスト総合研究所
http://www.questnet.co.jp/

▼お手玉プロジェクト
http://www.questnet.co.jp/mentalcare/03.html

リリムジカが音楽療法を行う特別養護老人ホーム金井原苑さんが
偶然にもこのお手玉プロジェクトに参加していたこともわかりました。

▼特別養護老人ホーム 金井原苑
http://www.kanaibara.com/

急遽お手玉20個を預かり、荷物に入れました。

(塩竃市 被災地支援レポート(2)へつづく)
コメント
コメントの投稿(管理者の承認後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。