スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩竃市 被災地支援レポート(5)~5月1日~

塩竃市 被災地支援レポート(5)

<5月1日>
午前中は前日と同じスケジュールで行動。
8時半にミーティングをし、支援内容について確認しました。行き先も前日と同じ、文化施設でした。

前日と違ったのは、足浴チームの人数が少ないこと。
昨日は15人ほどいましたが、今日は8人です。
メンバーも大幅に入れ替わり、前日の支援を経験しているのは私含めて3名。

足浴ブースのセッティングを行い、午前9時半すぎ足浴開始。
まずは経験者がお手本を見せようということになり、私も足浴担当に入りました。

2人ほどの足浴を終え、同じチームの医学生に引継ぎをしました。
そして昨日を同じ場所へテーブルをキーボードをセッティング。

すると、他団体からのボランティアの方か、避難所の事務局の方かわかりませんでしたが、男性が一人通りかかりました。

「もしかして昨日も弾いてました?」
「はい、弾いてました」
「これ、自動演奏じゃなかったんだー!すごいな!今日も頑張ってください!」

昨日の演奏、思った以上に遠くまで聞こえていたようです。
この一言に励まされながら、歌集を広げました。

最初に目の前にいたのは男性3人組。
会話をしながらリクエストを聞いてみると、一人の男性が
「長崎は今日も雨だった」を聴きたい、クールファイブが好き、とのこと。
さっそく演奏開始です。

次に小学校1~2年生くらいの女の子がやってきました。
もじもじしながらこちらを見ているので「何か好きな歌ある?」と話しかけてみると、やっぱりもじもじ。
おばあさんに促されてやっとこちらに近づいてきました。

「Believe弾けますか?」

合唱曲のBelieveであってるかな、と思いながら歌いだしを弾いてみました。

「例えば君が傷ついて・・・これであってる?」
「うん」

ホッとしながら一曲弾きました。

その間にも、建物を出入りされている避難者の方、他団体から来ている(または地元の)ボランティアと思われる方、
警備の方などがこちらを見ながら通りすがっていきます。目があった方には笑顔で会釈を心がけました。

また近くの方にリクエストを聞いたり、歌集をめくったりしながら演奏を続けます。

すると一人の女性が近づいてきました。

「家族に、こうやって音楽やる人が来てたよって知らせたいんで写真撮ってもいいですか?」
「どうぞ!」

今度は昨日も会った20歳前後の男性が来ました。

「大事MANブラザーズの『それが大事』弾けますか?」
「弾けますよ!」

昨日の様子から歌が得意と見たので、こちらはあまり歌わず、旋律も弾かず、
伴奏に徹して気持ちよく歌っていただきました。

次は小学生と見える二人のお子さんと、そのお母さん。

「お姉さん、歌も歌いますか?ZARDの『負けないで』とかできたら・・・」
「あと『ロビンソン』はどうでしょうか」

ご自身のお好きな曲をリクエストされるお母さんを見て、ふと気づきました。
足浴や、整体(も別のルートからボランティアさんが来ていました)を受けるときは、お子さんにお留守番していてもらうか、どなたかに見ていてもらわなければならない。
お子さんと並んで聴く音楽が、お母さんご自身の気晴らしになれば・・・

音楽療法士という職業は、普段から歌を歌います。
ただし私の場合、普段のセッションでは参加者の皆さんが主役と思っているため、
自分の歌声はガイドメロディ的な役割と捉えています。

つまり「自分の歌声を人に聴かせよう」と思うことはほとんどないのです。

しかしこの時だけは、目の前のお母さんに届け・・・!という祈りにも似た思いで歌いました。

歌い終わると「ありがとう」とにっこりして、その場を去って行かれました。

驚いたことに、見えないところ(吹き抜けになっている部分の階段を降りた向こう側)からも拍手が聞こえてきました。

その次は20歳すぎの女性が来ました。

「すごいね~、なんでも弾けるの?」
「私が知ってる曲と、この歌集に載ってる曲なら弾けるよ」

彼女は音楽を聴きに来たというより、私に話をしに来てくれたのでした。
そのまま10分ほど雑談。

中島美嘉の「雪の華」を聴きたいと言ってくれたので演奏しました。

この日は他にもカントリー・ロードやアメイジング・グレースなどの洋楽や、90~00年代のJ-POPを弾きました。

11時45分頃、足浴ブースや医療相談ブースの片付けに合わせてキーボードもしまいました。
12時には撤収、病院へと戻りました。

午後はフリーとなりました。
訪問の日程は自治体や避難所の管理者との話し合いで決まっており、訪問を行わないタイミングもあるそうです。

「せっかく来たのに仕事がないなんて!」と考えそうになりましたが、そもそも被災地はボランティアに仕事を与えるためにあるわけではない。

せっかくの自由時間です。電車とバスを使って松島海岸の方まで出かけたり、洗濯済みの足浴用タオルを畳んだりして過ごしました。

夕方は全体の振り返りミーティング。医療チームから「フォローが必要な方のリストに、その方が避難所のどのあたりにいらっしゃるか、大体の場所でもいいので記入するようにしたい」という提案が出ました。

また私が畳むのを手伝っていた足浴用のタオルは、その洗濯の手順がマニュアル化されて、紙に書いてありました。

私達が病院にいる間にも、少しずつ支援の方法は進化していました。

この日の夕食も、近くのお店で外食。
夕食後はメールチェックとツイッター投稿を行い、眠りにつきました。

(塩竃市 被災地支援レポート(6)へつづく)
コメント
コメントの投稿(管理者の承認後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。